トップ 不用品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




不用品回収業者ナビ-口コミ検索不用品のチェック > 処分のタイミング

処分のタイミング

処分のタイミングの画像

「捨てるのはいつでも捨てられるから」と思って取っておいたら、いつの間にか使わないまま何年も経っていたという経験はほとんどの人があるのではないでしょうか。

けれどもこのように“捨てるタイミング”を失うと“物”はどんどんたまってしまいますし、増えてくると整理しようという気さえ起らなくなるので、自分にあった方法で処分のタイミングをつかんでおくことが大切です。

たとえばその1つ目は“収納スペースを基準にして処分する方法”です。

これは、「本はこの本棚に入るだけにして、入らなくなった時点で処分する」とか、「雑誌はマガジンラックに入るだけは取っておくが、それ以上になったら必要な箇所だけ切り取って処分する」、「洋服はクローゼットに入るだけにして、それ以上になったら古着屋に持って行く」などというように“収納スペース”を決めておくと処分するタイミングをつかむことができます。

最近では本やCD、DVDをまとめて処分したい時に、着払いの宅配便で送ると査定結果をメールで知らせてくれ、その額での買取がOKの場合は指定の銀行に振り込んでもらえるというサービスを行っている本のリサイクルショップもあります。

次に2つ目は、“年数を基準にして処分する方法”です。

たとえば“3日坊主”とか「恋愛や結婚も3年以上持ちこたえられたら本物だ」などと言われるように、昔から“3日”、“3ヶ月”、“3年”と“3”のつく数字は人が飽きずにある1つのことを継続することのできる目安とされています。

そこで“物”も3年経って人にとっての新たな心境の変化がやってきてもまだ使われることがないということは、今後も使われる可能性が低いということで、1年に1度整理をして“捨てるか捨てないかの判断ができないもの”は最高3年まで取っておき、その期間を過ぎたら迷わず捨てるのです。

3つ目は“季節を基準にして処分する方法”です。

季節の変わり目には洋服の入れ替えをしたり、家電製品や寝具の出し入れをしたりしますが、その時についでに「今年も使わなかった……」と思う物を探して処分します。

スポンサードリンク

不用品回収業者ナビ-口コミ検索のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 環境問題-2

2つ目に挙げられるのが“オゾン層の破壊”です。 “オゾン(O3 )”というのは、酸素(O)の原子が3つ集まったもので、たまにコピー機の後ろなどにいくと生臭く臭ってくることがありますが、これが“オゾン”で人間が吸い過ぎると死亡する可能性もある毒性の気体です。 “オゾン”は通常地上25㎞~45㎞のところにぶ厚い層となって“対流圏”を覆うような形で存在し、有害な紫外線を吸収して地球上の生物や穀物などの農作物を守ってくれていますが冷蔵庫やエアコンの冷媒、電子回路の洗浄剤、スプレーの

不用品回収業者ナビ-口コミ検索について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。