トップ 不用品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




不用品回収業者ナビ-口コミ検索不用品の処分方法【その1】 > 行政の回収サービス

行政の回収サービス

行政の回収サービスの画像

かつてはどこの自治体も、不要になった物は粗大ごみの日に出しておけば無料で処分しくれていましたが、今では処理手数料を支払わなければならなくなりました。

さらに自治体によっては、"家電リサイクル法"の適用される乾燥機や洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンや、"資源有効利用促進法(パソコンリサイクル法)"が適用されるパソコンは対象外とされているので確認してみる必要があります。

手順としては、事前に電話やインターネットで申し込んで回収可能日を教えてもらいますが、申し込み順であるために必ずしも希望の日に回収にきてもらえるとは限りません。

回収日が決まったら、スーパーやコンビニなどの指定取扱店で"ごみ処理券"を購入し、指定された日の指定された時刻までに所定の場所に搬出しておきます。

マンションなどでは、粗大ごみの回収日以外の日にごみ置き場に出しておくことを禁止しているところが多いので、引越の場合は転居当日までには回収してもらえるよう、処分するかどうかは早めに決めて片づけておかなければなりません。

特に粗大ごみを残して去るというのは、いくら回収されることになっているとはいえ後味の悪いものです。

「立つ鳥後を濁さず......」とか「終わり良ければすべて良し......」などと昔からよく言われるように、終わりは次の始まりへのターニングポイントであってどのような始まりを迎えるかは、どのような終わりをつくりあげたかにかかっていると言われるように、終わりはそこで切れるのではなくて次の始まりにつながっているようです。

きちんと終えることは、始めることよりも大切なことなのですね。

さて話は元に戻って、自治体に粗大ごみを回収してもらう場合はメリットもあります。

それは"回収料金が安い"という点で、ほとんどの場合軽トラックなどを借りて自分でごみ処理場まで持って行けば無料で処分してくれます。

ただし分別のチェックが厳しくて、さまざまな不用品が混ざっている場合はその場でやり直しをさせられることもあるようです。

スポンサードリンク

不用品回収業者ナビ-口コミ検索のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 支援を必要としている国々

では次に、支援を必要としている国々の実情を見てみることにしましょう。 まず1つ目の国、世界的な遺跡"アンコール・ワット"や"アンコール・トム" で有名な"カンボジア"は、9世紀から13世紀までの最盛期にはインドシナ半島全域を支配下においていましたが、その後国力が衰えてタイ、ベトナムの支配下に入っていきました。 19世紀になるとフランスの植民地となり、第二次世界大戦では日本に支配されていたことがあったり、日本が敗戦してからは独立を果たしたもののベトナム戦争の巻き添えを食らった

不用品回収業者ナビ-口コミ検索について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。