トップ 不用品回収業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ




不用品回収業者ナビ-口コミ検索福岡県 > ひっこし専門福岡西センター

ひっこし専門福岡西センター

ひっこし専門福岡西センター

親切・ていねい・安心がモットーのハトのマークの引越センターへ

環境に優しい「エコ・プラン」
私たちが地球にできること、それが新しい引越の形です。
ハトのマークの引越しセンターでは、業界に先駆けて環境に配慮した梱包資材を導入しました。「引越し時に無駄なゴミを出さない」というコンセプトのもと、繰り返し使用できるリ・ユース資材「エコダン」を取り入れ、商品化しました。

ひっこし専門福岡西センター:DATA
住所〒811-1102
福岡県福岡市早良区東入部3丁目1-8
電話0120-232019
FAX
URLhttp://810810.jp/
取扱業務不用品回収、運送、引越運送
営業時間など8:00~20:00 年中無休
駐車場
アクセス
お役立ち情報引越7つのメリット
1、運送保険(家財)・賠償保険(人・建物)完備
2、見積無料、プラン提出無料
3、年中無休24時間配送
4、国内はもちろん海外のお引越しもOK
5、家屋の建替、海外赴任などの家財の一時保管サービス実施
6、引越専門のスタッフが担当で安心
7、狭い路地や入口からもOKなクレーン車や専用車輌で安心

ひっこし専門福岡西センターの地図

福岡県福岡市早良区東入部3丁目1-8 (Sorry, this address cannot be resolved.)

不用品回収業者/ひっこし専門福岡西センターの詳しい情報です!

【お引越】
■ファミリープラン
「ほとんど自分でやってしまおう!」という方から「全てお任せします!」という方まで。
お客様に合ったプランをお選びください。
≪楽々プランA≫
・まかせっきりだから、楽々。お客様は引越先へ移動するだけです。ハトのマークがお奨めです。
≪楽々プランB≫
・「新居での荷ほどきは自分で考えながらやりたいので、梱包だけをお願いしたい」という方に!
≪楽々プランC≫
・「食器棚や台所まわりだけ大変なのでお手伝いしてほしい」という方に。ご予算が少なくてもご相談ください。
≪標準プラン≫
・小物類の荷造りと荷ほどきは自分でやるので、運んでもらう部分をお願いしたい。
≪節約プラン≫
・ダンボールなどの梱包資材は自分で準備するので、なるべく安くしてほしい!

■単身プラン(お奨め)
単身者やお荷物の少ないお客様にピッタリのプランです。専用BOXにお荷物を入れてのお引越ですので、
梱包費用や手間を大幅に削減する事ができます。
・小鳩パック
 少量荷物を専用ボックスで遠距離輸送
・小鳩プチトラパック
 小型トラックで近距離輸送
・小鳩スカイパック
 少量荷物を航空機で遠距離輸送

【その他のプラン】
≪オプションサービス≫
◎ご家庭によっては、引越に望むことは、さまざま。「荷物は少ないけれど、車をどうしよう?」とか「新居が整うまで荷物を預けたい!」といったお客様のニーズに合わせてオプションサービスをお選びください。
■家電移設
取外し、取り付けから電気工事・サイクル変更まで幅広くお引受します。
■ピアノ輸送
ピアノ運搬はもちろん保管から調律まで専門の係員が担当します。
■愛車輸送
プロに任せれば安心!ご指定いただいた場所へ安全に回送します。
■ルーム、ハウスクリーニング
引越後の掃除や引越先の掃除を行ないます。
■ジュータン・布団クリーニング
ジュータン、布団をきれいにクリーニングして新居にお届けします。
■殺虫
新居に運び込む荷物を根こそぎ殺虫。新居での暮らしを清潔にスタートできます。
■不用品引取
引越につきものの不用品や始末に困る残材などをお引取りします。

【お申込方法・ご相談】
準備
1、引越の予定日、希望時間
2、引越先のご住所
3、ご家財の内容
4、エアコン工事・その他オプションの有無
お電話にて今すぐ!
申込
●お見積・下見・ご相談は無料です。
●概算料金ならすぐお伝えできます。
●単身引越は下見なしでもOK!
※お気軽にお電話下さい!


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。
スポンサードリンク
 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この不用品回収業者に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

不用品回収業者ナビ-口コミ検索のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 処分のタイミング

「捨てるのはいつでも捨てられるから」と思って取っておいたら、いつの間にか使わないまま何年も経っていたという経験はほとんどの人があるのではないでしょうか。 けれどもこのように“捨てるタイミング”を失うと“物”はどんどんたまってしまいますし、増えてくると整理しようという気さえ起らなくなるので、自分にあった方法で処分のタイミングをつかんでおくことが大切です。 たとえばその1つ目は“収納スペースを基準にして処分する方法”です。 これは、「本はこの本棚に入るだけにして、入らなくなった

不用品回収業者ナビ-口コミ検索について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。